FC2ブログ

南北統一で【核保有国】を目指す韓国。 櫻井よしこ、橋下徹「日本も核持ち込みを認めるべき」

2019/09/21
文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官

韓国・文在寅(ムン・ジェイン)政権のブレーン、文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官が「韓国と北朝鮮は欧州連合(EU)のような経済連合を組むことが可能。米韓同盟については、韓国が核兵器を保有すれば、必要性はなくなるだろう」とタス通信に語りました。

北朝鮮の金正恩は朝鮮半島の「赤化統一」を目論んでおり、韓国の従北政権を使って統一を成し遂げようとしています。
言うまでもなく、従北政権というのは文在寅政権のことです。
「親北」などと報道されますが、実体は金正恩に追従する「従北」政権です。

左翼全体主義の文在寅政権は「積弊清算」という名で右派など抵抗勢力を政府機関や影響力のあるあらゆるポストから追放しています。
最後の牙城が「検察」なのですが、文在寅が最側近のチョ・グフを強引に法相に就けたのも「検察改革」を進めるためです。

「赤化統一」について産経新聞の阿比留瑠比・論説委員兼政治部編集委員もコラムの中で「文氏が本音を隠そうとしなくなったと感じるとともに、本気で高麗民主連邦共和国の実現を目指しているのだなとの印象を受けた」と論評しています。

韓国の外交指南役が大胆発言
「韓国が核兵器を保有すれば、米韓との同盟の必要性はなくなる」


南北統一の先にあるものが、文正仁・外交安保特別補佐官が語った「韓国が核兵器を保有すれば、米韓との同盟の必要性はなくなるだろう」との発言です。
中国、ロシア、北朝鮮の核保有国に加え、新たに統一後の韓国が核を持つ可能性が出てきたわけです。
太平洋の向こう側の米国も核大国ですから、日本はぐるりと核保有国に囲まれてしまうことになりますね(もっとも、現状も核ミサイルを持つ国々に包囲されていることに変わりはありませんが)
近い将来、核を保有した統一朝鮮が誕生すれば、隣国の朝鮮は中国を後ろ盾に領土問題などで日本に相当な圧力をかけてくるでしょう。

櫻井よしこさんと橋下徹氏 『非核二原則』で見解一致

日曜報道「THE PRIME」で櫻井よしこさんと橋下徹氏の徹底議論がありました。
放送の一部を聞き書きしましたので、ご紹介しますね。

「非核二原則」で見解一致の櫻井よしこさん、橋下徹氏

櫻井 「元々、米国は韓国から(米軍を)退きたいと思っているわけです。韓国はGSOMIAで米国の言うことを聞かなかった。米国と決別する姿勢ですよね。韓国情勢、朝鮮半島情勢は非常に日本にとって重要。憲法改正を含めて、日本がどうやって国を守るかということに早く行かなければいけないと思いますよ。今までになかった深刻な事態だと思います」

橋下 「朝日新聞的な考え方の人は『核兵器はなくすべきだ』『軍事力は放棄すべきだ』『憲法9条だ』と言っているわけだけれど、時代の流れや国際秩序が不安定になって来た中で、ここは櫻井さんと一緒、『自分たちの国は自分たちで守る』防衛力の強化が必要。いきなり核兵器を持てとは言わないが、非核三原則の『持ち込ませず』を変えて非核二原則にしたらいい」

櫻井 「橋下さん、良いことおっしゃる。私も非核三原則を二原則にする(という考えに賛成です)」

橋下 「攻撃型兵器というものも一定量は持たなければいけない。世界が動いてきているんだから、日本の国防も抜本的に見直さなければいけないですよ」

櫻井 「100年、200年に一回の大変化が今起きているわけで、わが国の国民の命をどう守るか、国土、領海をどう守るか。核の傘を差してくれていたはずの米国が後ろ向きになりつつあることを受けて、これは大変だとみんなに思ってほしいんですよね。中国はどんどん出てきて、北朝鮮、韓国はこういう状況の中で、私たちはまず第一に次の世代をどうやって守っていくのか、日本国を守っていくのか、現実を見るとこんな恐ろしい状況はないわけです。この現実認識を新たにしてくれれば、そこから初めてどういうふうに守りましょうかという議論が始まるんです」

橋下 「そうです。日本がどう備えをするべきか、本来はそこをやるべき」

無能で子供な立憲民主や左派系ジャーナリスト

こんな差し迫った状況の中で、日本は核兵器の保有に関して議論さえできません。

立憲民主党の枝野幸男は10月召集の臨時国会で第4次安倍再改造内閣の閣僚の資質について追及するといきまいていますが、もっと議論が必要なことがあるでしょうに。議員としての資質を疑いますね。
同じく立民の福山哲郎やジャーナリストの青木理は台風被害の千葉の復旧の遅れに「内閣改造をしている場合だったのか」などと批判していますが、安倍首相や前閣僚が長靴を履いて千葉の瓦礫を片付けに行けばよかったのかと言いたくなります。
台風の被害地域の復旧はもちろん大事です、しかし、国政が目先の問題一点に注力すれば済む話ではないことぐらい中学生でもわかりますよ。
自国の安全保障もまともに考えない連中が何をかいわんやです。

↓ このブログを応援してくださる方はクリックをお願いします。


人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



comment (0) @ 安全保障
自衛隊嫌いのNHKが「反自衛隊」番組放送。「あさイチ」で悪意ある印象操作 | 韓国・文在寅政権の「検察」崩しが始まる 一方で報道の自由を奪う狙いも

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する