FC2ブログ

【デマと真実、どちらが速く広がるか】軍配はデマ! 朝日の「ねつ造報道」拡散が速かった理由

2019/08/25
朝日不買運動を呼びかけるチラシ

朝日新聞の8月25日付の「天声人語」によれば、「デマと真実、どちらが速く広がるか。米マサチューセッツ工科大学の研究チームが、ツイッターに投稿された12万件余りの情報を調べ、昨年発表した。軍配はデマに上がったようで、1500人に届くまでの速度は、真実の6倍だった」とのことです。

恐ろしい話ですね。
デマの方が伝播速度が速く、しかも、真実の6倍もの速さだったというのですから。

だとすれば、朝日新聞の慰安婦捏造報道(虚偽報道、つまりは「デマ」)も「軍による強制連行はなかった」という真実より格段に速く全世界に拡散されていった可能性があります。

アーチー・ミヤモト氏
『韓国人が「根拠なき慰安婦物語」を信じ込んでいることが問題』


朝鮮戦争を2度戦い、韓国からの叙勲歴もある日系の退役米陸軍中尉、アーチー・ミヤモト氏の「JAPAN Forward」の寄稿が興味深いです。

ミヤモト氏は、最近の日韓対立を理解するには「(日韓の歴史を)100年以上前に遡る必要がある」とした上で、「日本に対する憎悪と憤りを引き起こしている韓国の歴史認識が現在の危機の根本的な原因だ」と指摘しています。

その一例として、韓国人が信じている慰安婦問題について「元慰安婦の確証のない陳述以外に、日本人による韓国人慰安婦の強制連行を示す文書はひとつもない」ことを示し、韓国人が「根拠なき慰安婦物語」を信じ込んでいることに問題があると述べています。

韓国との関係をこじらせた原因の一つは朝日新聞の「ねつ造記事」

聞け、朝日新聞!
「慰安婦強制連行」の根拠となった吉田清治のウソを朝日が大々的に取り上げて「慰安婦強制連行」が広がり、「セックス・スレイブ(性奴隷)」などという不当なレッテルまで貼られてしまったのです。

つまりは、ここまで韓国との関係をこじらせた原因の一つは朝日だということです。
さらに許せないのは、国民を欺き、日本を貶め、世論を見下す、この社の報道の本質がまるで変わっていないことです。

朝日は1990年代から30年もの長い間、虚偽報道を垂れ流してきたわけですから、「強制連行はなかった。だから、韓国の言い分に根拠はない。当社の虚偽報道が真実を歪めた」と毎日ページを割いて謝ってもらいたいですね。
もっとも、それを続けたくらいでは追いつかないことも朝日は理解すべきです。
何せ、「真実」より「デマ」の方が早く伝わってしまうのですから。
こんな反省のない反日新聞はやはり廃刊してもらうしかないでしょう。

さて、日本の足を引っ張る、朝日、毎日、東京など国内の反日メディアも大きな問題ですが、こと情報戦の分野では日本は完全に韓国に負けています。
日韓併合、慰安婦、徴用工…いくら日本の言い分が正しくても、デマやプロパガンダにかけては韓国が2枚も3枚も上手です。
日本も日本国民も機会を捉えて、史実に基づく正しい歴史や正当性を強力に発信していかければなりません。

↓ このブログを応援してくださる方はクリックをお願いします。


人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



comment (0) @ 朝日新聞・AERA
立憲民主・枝野代表 「韓国NO」ではなく「河野外相NO」のあきれた思考回路 | それでいいの? 自国の船の安全も他国任せ 中東への自衛隊派遣に57%が反対

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する