FC2ブログ

《香港の周庭さんに起きていること》北海道大学大学院のフェロー就任も渡航できず!

2020/01/18
香港民主化デモ「雨傘運動」を主導し香港衆志(デモシスト)メンバーの周庭(アグネス・チョウ)さんが16日、北海道大学公共政策大学院のフェロー(研究員)に就任したとツイッターで明かしましたね。

昨年12月に日本行きの申請が香港の裁判所に却下されたと聞いていましたので、状況が一変して北大に来られることになったのかと喜んだのですが、やはり来日の見通しは立っていないようです。

周庭(アグネス・チョウ)さん(写真:北海道新聞)
香港の周庭(アグネス・チョウ)さん(写真:北海道新聞)

周庭さんは2014年の香港の大規模民主化デモ「雨傘運動」の学生リーダーの一人。昨年8月、抗議活動を扇動したとして起訴され、公判中のため出境が認められていません。

大学院の就任要請を快諾

北海道新聞によれば、北大大学院は本年度、教育活動に携わる無給のフェロー制度を導入。周さんには昨年7月、「世界から注目される女性リーダー。学生に直接思いを語り、刺激を与えてほしい」(遠藤乾院長)との思いで就任を要請、快諾され、同10月に任命したといいます。

周庭さんは香港政府や香港警察の非道ぶりをツイッターや日本メディアなどで訴えてきていますが、身分は学生です。
経済的に自立している社会人ならともかく、日本の大学院たるものが招請しておきながら無給というのが少々寂しいところです。

周さん「とても光栄」、一方で「出境禁止は皮肉」

周さんは「とても光栄に思っております」とする一方、「出境を禁止されている私が、フェローの任期が終わる前に北大に行けるかどうかはわかりません。皮肉としか感じられません」とツイート。というのも、フェローの任期は今年3月末までだというのです。
どうにかならないものかと気を揉んでいましたら、北海道新聞が拾っていました。

遠藤院長は「香港市民の活動を応援したい。状況が落ち着いたら、ぜひ北大に来てほしい」。フェローの任期は今年3月末までだが、4月以降も再任を要請する、とのこと。
せめて、このくらいの心意気は示してもらいたいと思っていましたので、この件に関してのモヤモヤは晴れました。

「民主主義と自由、人権保障の大切さ話したい」

取材に対して、周庭さんは「香港の未来について自分がどう考えているか、民主主義と自由、人権保障の大切さを話したい。日本の大学生が香港をどう思っているかも知りたい」と述べ、渡航実現を待ち望んでいるということです。

↓「周庭さんの渡航よ、叶え!」と思う方はクリックをお願いします。


人気ブログランキング

香港デモの真実と現在点がここに!

漫画香港デモ激動! 200日
スポンサーサイト



comment (0) @ 香港民主化・周庭さん

【香港民主化デモ】日本、英国、欧州連合(EU)、オーストラリア、米国、カナダ各領事館で支援訴える!

2019/12/20
政府への抗議デモが続く香港で19日、約1000人がオーストラリア、英国、欧州連合(EU)、米国、日本、カナダ各領事館をまわって行進し、米国に倣って香港での民主化要求運動を支援し中国政府に圧力をかけるよう訴えました。

返還後の香港の統治を定めた1984年の「中英共同宣言」調印からちょうど35年目にあたる日で、ロイター通信によれば、ラーブ英外相はこの日、中国に対し、抗議者らと対話し、返還後50年間は香港の高度な自治を保証するとした共同宣言の順守を求めたといいます。

香港警察に拘束されたデモ参加の女性
香港警察に拘束されるデモ参加の女性(ロイター=共同)

香港では15日夜から16日未明にかけて政府に抗議するデモ隊と警官隊が衝突、地元紙によると、少なくとも16人が拘束されたようです。警察は、物を投げるなどの過激な行動を取っていない参加者にも催涙弾を発射するなど強硬な姿勢を示したといい、市民の反発が強まっています。

香港では数々の証言や動画から、警官による虐待、拷問、また拘留中の女性に対するレイプなども報告されており、この日身柄を拘束された女性がどんな状況に置かれるのかを考えると胸が痛みます。

周庭さん、東大など日本の大学に来るための出境申請却下される

一方、雨傘運動を主導し香港衆志(デモシスト)メンバーの周庭(アグネス・チョウ)さんは19日のツイッターで「出境禁止令があるので、出境するには申請をしないとなりません。私は日本の5つの大学(東京大学、明治大学、立教大学、東京外国語大学、立命館大学)から誘われているため、来年1月に日本に行くと裁判所に申請を入れていましたが、申請は今日却下されました」と発信しています。

周庭さんによれば、香港政府は周庭さんら民主派の国際交流を止めるために出境管理を厳しくしているといい、申請取り消しの理由は一切明かされなかったと訴えています。

↓「悲しい」「ひどい」「怒りを覚える」…香港人の痛みを感じた方はクリックをお願いします。


人気ブログランキング
comment (0) @ 香港民主化・周庭さん

香港で選挙後初の大規模な反政府デモ38万人!警察も“凶悪”催涙弾の使用を再開!

2019/12/02


香港で1日、区議会議員選挙後、初めてとなる大規模な反政府デモが行われ、主催者発表で約38万人が参加しました。警察も選挙前から使用を控えていた催涙弾の使用を再開、今後の情勢が再び不透明になってきました。

香港の林鄭月娥行政長官

区議会選で民主派が圧勝したあと、林鄭月娥(りんてい・げつが)行政長官は「警察の暴力に関する独立調査委員会の設置」について拒否。雨傘運動を主導し香港衆志(デモシスト)メンバーの周庭(アグネス・チョウ)さんは「五大訴求(=要求)が実現し、香港警察の暴力が止まらない限り、香港市民の運動も終わりません」としています。

中国製の催涙弾で深刻な健康被害

香港では一連の抗議活動が始まって以来、警察はおよそ1万発の催涙弾を使用したとされています。
香港警察は旧宗主国の英国から催涙弾を輸入してきましたが、国際社会から非難が相次ぎ、英国が輸出を停止。それ以降は、中国産の催涙弾を使用しているようです。
この中国製の催涙弾というのがかなり危ない物で、燃焼温度は約250度に達し、催涙弾を背中に被弾した救急メンバーが瀕死の火傷を負う事例も起きています。
また、この催涙ガスは毒性が高く、周庭さんによれば、「ある香港記者が、毒(ジオキシン)を浴びることで発症するクロロアクネという病であると診断されました。人間は体内でこの毒を分解できないため、この病を完治させるのは非常に難しい」とのことです。

【香港】催涙弾が影響とみられる手足の発疹
催涙弾が影響とみられる手足の発疹

「最近、催涙弾が発砲された場所を数日後に通っただけの子供たちに酷い発疹ができていることを、多くの親が発見しました。催涙弾の毒は皮膚だけではなく、免疫系や多くの器官も破壊し、発癌性もあります。この強い毒が体内や土地や水などに入ると、香港史上最大の生態危機となると見られています」と警告しています。

【香港】催涙弾が影響とみられる首の発疹
催涙弾が影響とみられる首の発疹

香港市民は警戒「今日の新疆は明日の香港」

中国共産党は現在、新疆ウイグル自治区のイスラム教徒少数民族ウイグル族らに対して弾圧を続けており、「職業技能教育訓練センター」という名の強制収容施設などで民族の「改造」を進めています。
中国のウイグル弾圧内部文書によれば、施設は外部から隔絶された環境で、収容者は食事、入浴、トイレ中も厳重監視され、徹底した思想教育が行われているようです。
文書によれば、再教育施設にはウイグル族ら100万人以上が収容されているといいますから、尋常な数ではありません。習近平は2014年春に自治区での暴動発生を受けて現地を視察した際、非公開の場で当局者らに「情け容赦は無用」と演説していることも明らかになっています。

トランプ米大統領が香港人権法案に署名、成立

一方、米国では28日、トランプ米大統領が香港人権法案に署名、成立しました。
同法は香港に高度の自治を認めた「一国二制度」が守られているかどうか毎年の検証を義務付けるほか、香港の「基本的自由・自治」が損なわれたり、市民の人権が侵害されたりした場合、その責任を負うと判断された当局者に制裁を科す内容となっています。
米国は一国二制度を前提に、関税などで中国本土よりも香港を優遇しています。

少し話を戻しますと、ウイグル自治区の改造政策の発端は自治区の区都ウルムチで発生した暴動だったことから、中国共産党の次なる「改造」の標的は「香港人」とされ、香港市民の間では警戒感が強まっているようです。
周庭さんは訴えます。デモを「暴徒化」と言わないでほしいと。香港人の怒りや苦しみを理解してほしいと。そして、国際社会からの中国へのプレッシャーを求めていると。

北朝鮮の嘲笑と弾道ミサイル発射示唆、日本は「桜」でバカ騒ぎ

北朝鮮は先ごろ行った超大型ロケット砲の試射を日本政府が弾道ミサイル発射と説明したことに関連し、安倍晋三首相が「本物の弾道ミサイルがどのようなものか、遠くない将来に鼻先で見ることになるだろう」との声明を発表しました。
弾道ミサイルの発射を示唆したもののようですが、北朝鮮、韓国の朝鮮半島情勢や香港・ウイグルなど中国の深刻な人権問題をはじめとする米中の覇権争いなど、日本の安全保障にも関わる重大事案がいくつもあるのに、日本は相も変わらず「桜」でバカ騒ぎです。

↓「日本もウイグルや香港の人権侵害にもっと抗議を!」「習近平の国賓来日には反対!」と思う方はクリックをお願いします。


人気ブログランキング


月刊Hanada2020年1月号
comment (0) @ 香港民主化・周庭さん

【香港区議会選挙】民主派が8割超えの圧勝!香港政府と中国の習近平政権に「ノー」

2019/11/25

民主派が圧勝する見通しとなったことを受けて喜ぶ民主派支持者たち(AFP時事)

香港で24日投票が行われた区議会選挙はほとんどの選挙区で開票が終わり、政府に批判的な立場の民主派は452議席中、8割超に達する380議席以上を獲得し、歴史的な勝利を収めました。
香港メディアが伝えました。

4年に1度行われる香港の区議会議員選挙は、18の区議会の合わせて452の議席を選ぶもので、市民による直接投票のため、香港では最も民意を反映しやすい選挙とされています。

改選前に議席の約7割を占めていた親中派は大敗し、両派の立場は完全に逆転。1997年の中国への返還後、民主派が過半数を取ったのは初めてということです。
投票率は過去最高だった4年前の前回(2015年、47%)を24ポイント余り上回る71%。6月に反政府デモが本格化してから最初の選挙で、政府に対する事実上の「住民投票」とも言われていました。

Hongkong_vic02_20191125.jpg
民主派候補の当選を確信して歓声を上げる支持者ら(共同)

民主派の大幅な躍進は、警察の暴力や普通選挙実施を掲げて抗議を続けてきた民主派やデモ隊の活動が、改めて市民の支持を得たことを示しています。
林鄭月娥行政長官が率いる香港政府と、それを背後で操る中国の習近平政権に「ノー」を突き付けた形となりました。

海外メディア「抗議活動への支持が示された」

香港の区議会議員選挙で、政府に批判的な立場の民主派が圧勝したことについて、ロイター通信は「政治的な危機の中、香港の民主派が地滑り的な勝利」という見出しで「過去数十年間の最悪の政治的な危機の中で、林鄭月娥行政長官への批判がさらに強まる可能性がある」アメリカのブルームバーグは「権力を乱用する警察への独立した調査を求める抗議活動の目標への支持が示された」としています。

今後は中国自らが乗り出し「情報機関」の創設も

選挙結果を受けて、民主派は抗議活動を支持する民意が示されたとして、今後、民主的な選挙の実現や、警察による取締りの対応などを検証する「独立調査委員会」の設置などの要求を強めるものとみられています。

一方、香港親中派勢力の重鎮で、中国国務院(政府)が主管する「全国香港マカオ研究会」副会長を務める劉兆佳(りゅう・ちょうか)氏が、産経新聞の取材に応じたところによれば、中国当局は中国政府主導で香港に情報機関を創設し、敵対分子の摘発を進めていくとの見方を示しています。

劉氏は「中国側は(1)国家の安全を定めた中国本土の法律を香港に適用させる(2)中央政府が香港のための法律を特別に制定する-などさまざまな措置を研究している」「英領時代、香港政庁には情報機関が設けられ、反英・反政庁分子に関する情報を収集し、摘発に当たっていた」「今後、香港に国家分裂や反乱の扇動、政権転覆などを禁じる法律を制定するため、中国自らが乗り出す」としています。

また、来日中の中国の王毅国務委員兼外相は25日、民主派が圧勝した香港の区議会選挙について「香港でいかなることが発生しようとも、香港は中国の一部であり、特別行政区だ。香港を混乱させたり発展や繁栄を損なったりするどんなたくらみも達成しない」と牽制しました。

「選挙に勝つことは第一歩」、香港の行く末は一層の混迷か

民主派の圧勝に湧く香港ですが、中国の習近平は敵対する勢力の排除に向けてさまざまな措置を検討しているとされ、香港は今後一層の混迷を深めていきそうです。

「選挙に勝つことは第一歩」と話す周庭さん
「一票一票はすべて市民が流した血」「選挙に勝つことは第一歩」と話す周庭さん

雨傘運動を主導し香港衆志(デモシスト)メンバーの周庭(アグネス・チョウ)さんは「香港のデモ参加者の目標は、5つの要求です。選挙に勝つことはただの第1歩、始まりだと思います。これからも5つの要求、例えば警察の暴力に対して外部調査委員会を設立すること、そして普通選挙、民主主義を実現するために引き続きこの運動が続きますし、引き続き街で戦わなければならないと思います」と延べ、「民主派がもらった一票一票はすべて市民が流した血。たくさんの人が負傷し、暴行され、実弾に撃たれ、亡くなった人もいる。仲間たちのことを忘れずデモに参加していきたい」と決意を語りました。

↓ 「香港の民主派、頑張れ!」と思う方はクリックをお願いします。


人気ブログランキング
comment (0) @ 香港民主化・周庭さん

「理大を救え!」香港でデモ隊と警官隊が激しく衝突、日本人が香港デモに無関心ではいけない理由

2019/11/19
香港理工大に警官隊突入

反政府活動が続く香港の九竜地区にある香港理工大とその周辺でデモ隊と警官隊が激しく衝突、香港メディアによると、18日未明、警官隊が若者らが立てこもる大学構内に突入しました。多数の負傷者が出ているようです。

雨傘運動を主導し香港衆志(デモシスト)メンバーの周庭(アグネス・チョウ)さんは18日、「警察側は催涙弾、放水車、装甲車を使用した上、大学を封鎖して記者に構内から離れるよう呼びかけました。デモ隊や若者達は封鎖された大学に閉じ込められ、遺書を書いた人もいます」「30年前の悲劇(天安門事件)が今の香港に起きませんように」とツイートしました。

周庭さんによれば「警察は、理工大学から離れたボランティア救急隊(医者、看護師など)を戦犯のように全員拘束しました。これは香港の人道危機です」「香港政府は、もう警察をコントロールできていないのです。私たちの命と未来は、香港政府と警察に破壊されています」と訴えています。

拘束されたボランティア救急隊
警察に拘束されたボランティアの医療メンバー

産経新聞の報道でも「18日未明に大学を脱出し命からがら帰宅した女子高校生(17)は『催涙弾の嵐で本当に怖かった。まだ大学に3、400人残っていた。みんな遺書を書いていた』と話した」「18日、香港理工大から外に出たボランティアの医療メンバーらも拘束された。『暴動を支援したとの理由だ。信じられない。本当に警察はひどい』。14人の仲間が大学から戻ってこないという男性ボランティア(20)は憤った」「『警察に囲まれた学生たちは助けを待っている。早くしなければ…』。香港理工大のキャンパスに近い交差点付近で懸命にレンガを石で割っていた女性(35)は、会社を休んで駆けつけた」とありました。

同紙などによれば「理大にゴキブリ(デモ隊)を殺しに行く。逃げるなよ、(1989年の)天安門事件を再現してやる」と叫ぶ警官とされる男の声が入った動画もネットに出回り、市民のさらなる反発を買っているといいます。
「理大を救え!」。反政府デモを支援する若者ら市民の間では、このスローガンが合言葉になっているようです。

逮捕される「恐怖」と闘いながら抗議する若者たち

米国と英国の国旗を振って「西側世界」に助けを求める香港の若者
米国と英国の国旗を振って「西側世界」に助けを求める香港の若者2人

香港政府が平和的な抗議活動にほとんど耳を貸さない以上、民主化を求める学生や市民は暴力的行動を取るしかもう選択肢がなくなっています。
武装警察はデモ鎮圧のために、効力の弱い「化学兵器」かと疑いたくなるような催涙ガスを使い、目に当たれば失明も起こりうるゴム弾を撃ち、肌に触れると痛みを伴う青い水を放水車で浴びせます。
実弾を発砲することすら躊躇しなくなっており、11日には警官に至近距離から腹部を撃たれた若者が重体になりました。
香港の将来のために「生きるか死ぬか」の状況の中で、香港の若者たちは逮捕、連行という「恐怖」と闘いながら抵抗していることを忘れてはいけません。
さらに数々の証言や動画から、警官による虐待、拷問、また拘留中の女性に対するレイプなども報告されており、現実はより過酷な状況にあることは間違いないようです。

香港のもう1つ辛い事実、日本人の誤解と関心のなさ

元産経新聞記者でジャーナリストの福島香織さんは「こうした瀕死の香港に対して、もう1つ辛い事実は、日本人の誤解と関心のなさである」と指摘しています。
「たまに日本の民放地上波の番組にゲストコメンテーターとして呼ばれることがあるのだが、日本を代表するコメンテーターたちが香港の現状について『生活に心配のない学生が暴れて、市民の多くが迷惑をこうむっている』といった解釈していたのに愕然とした」といいます。

日本人が香港デモに無関心のままではいけない理由

福島さんはさらに「米国は『香港人権・民主主義法』という立法をもって中国に圧力をかける方針のようだが、日本はこのまま無関心を貫いていいものだろうか」と問いかけます。
また「ここで注意すべきは、来年春に予定されている習近平主席の国賓としての訪日の影響だ。今の予定では、習近平主席は天皇陛下との特別会見が設定される。中国共産党の歴代政権が、日本の天皇陛下との会見を国内に向けての権威強化に利用してきた経緯は今さら繰り返す必要はないだろう。だが、考えてほしい。香港情勢がこのまま悪化し、万が一、解放軍を出動するようなことになれば、天安門事件後の天皇陛下訪中と同様に、軍によって学生デモを鎮圧した専制政治に対して日本の天皇陛下が権威付けを行ったと、国際社会から受け取られるような場面も想定されるのではないか」と危惧しています。

香港政府を操るのは中国共産党です。
中国は非情です、天安門を思い出せばよく判ります。チベットやウイグルに対してもそうです。
ましてや、「小日本」(日本に対する蔑称です)の国益なんて、中国(米国もそうですが)は考慮しません。
人権問題や尖閣諸島への侵入などが改められない限り、中国の習近平を国賓として日本に招くことに当ブログは反対です。

↓ 「習近平は国賓としてふさわしくない!」と思う方はクリックをお願いします。


人気ブログランキング
comment (0) @ 香港民主化・周庭さん