FC2ブログ

【政府の陰謀説】ホリエモン、ラサール石井やルーピー鳩山を猛批判!まじめな検証でも否定的

2019/11/20
ホリエモンこと堀江貴文氏(写真左)とラサール石井

女優の沢尻エリカ容疑者の逮捕は「国民が関心を示すスキャンダルで政府のスキャンダルを覆い隠すのが目的」などと鳩山由紀夫元首相がツイートしたことに対し「まじで、ほんとにこいつあたまが腐ってる」と、実業家のホリエモンこと堀江貴文氏がツイッターで猛批判しました。

堀江氏は17日にもツイッターで、タレントのラサール石井が「政府が問題を起こし、マスコミがネタにし始めると芸能人が逮捕される。次期逮捕予定者リストがあって、誰かがゴーサイン出してるでしょ」というツイートを取り上げ「こいつ頭にウジ湧いてんな笑笑」と一蹴したばかり。ルーピー鳩山由紀夫に対しては「政権の中枢にいたろ?芸能人の麻薬逮捕ネタで覆い隠そうとか事実上できないのとかよくわかってるよな?」と畳み掛けています。

タレントや鳩山元首相が唱える、政府の“陰謀説”。
果たして、世間の批判をかわすために官邸が警視庁に対してタイミングを指定し、逮捕させることができるのか?―

薬物事件の捜査、政局に合わせて逮捕は無理

講談社系の現代ビジネスによれば、薬物事件を長年取材してきたある週刊誌記者は「まず、ありえません。理由は簡単で、薬物事件の捜査では、現物を容疑者が所持・保管している現場を確実に抑えることが最も重要」として、政局に合わせて都合良く逮捕などできないと否定。

「捜査対象となった人物が、たまたま1ヵ月薬物を使用しないことなんて十分にありえますし、今回の沢尻容疑者が参加したイベントにしても、まさか『桜を見る会』の疑惑に合わせて開催したわけじゃないでしょう。『どうせ持っているだろう』とか『家にあるに決まっている』という程度のいい加減な理由で家宅捜索して失敗した場合、対象が一般人であってもヤバイのに、芸能人に濡れ衣を着せたとあっては、警察側が猛バッシングを受けることになる」としています。

abema.tvもこの話題についてまじめに検証し、心理学の領域からアプローチしています。

『選択的抽出推論』という認知バイアス

政治と芸能人逮捕の因果関係が注目されるようになった要因について、臨床心理士で心理カウンセラーも務める明星大学准教授の藤井靖氏は「安倍政権は長期政権ということで、支持している人も多い一方で支持していない人も根強くいる。支持していない人の中でどのようなことが起こっているかというと、心理学で“認知バイアス”というが、安倍政権に対して不満感を持っている人はなんとか解消したいという心理になる。解消するために安倍政権に関するネガティブな情報を集めようとするが、政権というのは自分にとってコントロールできない対象で、その傾向はさらに強くなる。物事を客観的にみるというよりは、いろいろな情報を主観的に判断して必要なものだけを自分に取り入れる『選択的抽出推論』という認知バイアスにあたるのでは」と分析しています。

欲求不満の解消に収まらず、物事の本質を見誤るおそれも

さらに、このような状態が続くことに懸念があるとした上で藤井氏は「欲求不満の解消だけで収まるといいが、根拠に基づかない見解を信じ込むというのは、さらにその人の主観性を強めていく。結果として物事の本質を見失って、本当に考えなければいけないことに対する意欲や興味を失っていき、発信者のみならず情報を受け取って巻き込まれた人もそういう形で本質を見誤るということにつながっていく」と指摘しています。

安倍長期政権にイラつく左翼メディアや野党議員、タレントら

安倍晋三首相の在任日数が11月20日、桂太郎を超えて憲政史上最長となりました。
第2次安倍内閣として再スタートした2012年から数えても7年という長期政権だけに、左翼メディアや野党議員をはじめ、左派系の知識人、芸能人には安倍政権へのイライラが相当溜まっていることでしょう。
ラサール石井や、ラサールのツイートに「な〜んか、匂うよね」と同調した室井佑月あたりも年中イラついているのが、ツイートから伝わってきますからね。

先ほどの心理学的アプローチを当てはめれば、すでに物事の本質を見失った人たちが「陰謀説」を主張し、同調して煽っているわけで、こうした騒ぎに対しては、むしろ醒めた目で見るくらいがちょうどよいということでしょう。
ホリエモンのことはよく知りませんが、「陰謀説」には「まじで、ほんとにこいつあたまが腐ってる」程度の関わり方が賢明なのかもしれません。

↓ 「陰謀説はないな」と思う方はクリックをお願いします。


人気ブログランキング
スポンサーサイト



comment (0) @ 反日・左翼・偽愛国者

「沢尻エリカ逮捕は政権の陰謀」ラサール石井、室井佑月、松尾貴史、金子勝の呆れた左翼脳!

2019/11/17
ラサール石井のツイート

合成麻薬の所持容疑で女優の沢尻エリカ容疑者が逮捕されたことを受けてタレントのラサール石井がツイッターを投稿。「まただよ。政府が問題を起こし、マスコミがネタにし始めると芸能人が逮捕される。次期逮捕予定者リストがあって、誰かがゴーサイン出してるでしょ」と発言をしたことが話題になっています。

安倍首相の「桜を見る会」をめぐる発言なのでしょうが、政権の“陰謀説”が飛び出すとは笑えます。
どういう思考回路なのかとあきれてしまいますが、要するに、「左翼脳」には目に映るものすべてがそう見えてしまうのでしょう。

松尾貴史のツイート

ラサール石井のツイートを引用する形で、左翼系の新聞やテレビ番組で呆れた発言を繰り返す室井佑月も、「な〜んか、匂うよね」と同調。
松尾貴史はツイッターで「桜から合成麻薬に目を逸らし」(安倍の仲間漏)と川柳っぽく毒を吐いています。

金子勝のツイート

悪名高いTBSの偏向番組「サンデーモーニング」のコメンテーターで慶大名誉教授の金子勝も「【困った時の麻薬逮捕】2016年1月に甘利明の現金授受問題で、2月に清原逮捕。2019年2月に沖縄県民投票で圧倒的多数の辺野古新基地反対で、ピエール瀧が逮捕。「桜を見る会」で窮地にあるアベ内閣。沢尻エリカが合成麻薬MDMAで緊急逮捕。これでワイドショー制圧?だったら、本当に愚かしい国です」とツイート。
こうなると、もはや都市伝説ですね。滑稽です(笑)

↓ 「左翼脳、恐るべし(笑)!」と思われた方はクリックをお願いします。


人気ブログランキング
comment (0) @ 反日・左翼・偽愛国者

トランプ米大統領来日 ゴルフ、ピコ太郎を批判する恵俊彰、又市征治、和田アキ子の反日ぶり

2017/11/07
「この忙しい中、なぜゴルフをやる?」
悪質な偏向報道で知られる昼のワイドショー「ひるおび!」で司会の恵俊彰氏が、来日したトランプ大統領と安倍首相のゴルフ外交に対して、いつもながらの批判めいたコメントをしていましたが、この恵俊彰という男のヘラヘラした笑いと独特のいやらしさはいつ見ても不愉快です。
ま、こうした性悪番組にはうってつけな芸人なんでしょうが…。

社民党の又市征治幹事長が安倍首相とトランプ氏のゴルフやイバンカ大統領補佐官への待遇について「お友達作戦ともいうべき異例の厚遇ぶりだ。すりより、へつらいを印象付け、手放しで無批判に対米追従するという姿勢が浮き彫りとなった」と批判しました。
北朝鮮に対しては「制裁や圧力ありきではなく、『対話』に向けた粘り強い外交努力こそ求められている」と言っておきながら、日米の首脳同士の『親密な対話』の場には文句を言うわけですね。

さて、芸能界のご意見番とか言われているらしい、この人も黙っていませんでしたね。
歌手の和田アキ子さんが5日放送の「アッコにおまかせ!」の中で、6日開催のトランプ大統領と安倍首相の食事会に歌手のピコ太郎さんが同席することについて批判しました。

和田アキ子さん

トランプ大統領の孫娘アラベラちゃんが昨年11月、「PPAP」を歌う動画をインスタグラムに投稿するなどして話題になったことからピコ太郎さんが食事会に同席することになったわけですが、和田さんはピコ太郎さんの同席について「もっと外交の問題がたくさんあるのに」などと批判。また「話をしているときに、(ピコ太郎さんは)ずっと黙ってるの? 」と疑問を呈しました。

夕食会に出席した(左から)安倍首相、トランプ大統領、ピコ太郎氏

日米首脳の夕食会に出席したピコ太郎さん(手前右)=東京・元赤坂の迎賓館

和田アキ子さんの批判に対して、ネット上では…

「何様ですか?」

「流石に外交の話の時は席を外すでしょう。
歓迎セレモニーの場だけ呼ばれてるんじゃないの?
少し考えればわかりそうなもんなのに和田はわからないんだろうか。」


「和田が文句をいう問題ではない。」

「トランプ大頭領は和田アキ子は知らないだろうがピコ太郎は知ってると思うよ。」

「国政にしゃしゃり出てくる、お山の大将気取りの女よりはマシ。」

「外交問題があるからこそ、ゴルフやピコ太郎や会食が必要。
歌手にはわからんと思うけど。」


「和田アキ子何を言ってるの?
この人政治を分かってないね!
オンオフがあるからこそ話しも上手く行く!そのオフの時にピコ太郎が登場するに決まってるのに、ピコ太郎も外交の1つ!」


「じぶんが呼ばれなくて、ぽっと出のピコ太郎が同席できるのが気に入らなくてひがんでいると思う。
体は大きくても心は小さい和田アキ子」


「昨日、都内で某国の人たちが反トランプデモをやっていましたでしょ。
この人も、某国の人だから思考は同じなのでしょう。」


「もしかしたらゴルフの同伴に松山選手を希望したのと同じで、トランプ大統領が希望したのかもしれない。
何につけても和田がとやかく言う事ではないよ。
何様のつもりだ。」


「有識者でもない和田アキ子が言うことではないと。
土産話にピコ太郎に会った。と孫に言えば、微笑ましい会話になって、日本のイメージも上がると思うよ。
おもてなしの内。」


「取りまきにご機嫌とられている和田アキ子に
トランプのご機嫌取りを批判する資格はない。」


「いらん世話ですねぇ。
なにか勘違いしてますね。」


「紅白に続いてピコ太郎の批判。
次は誰を批判するんだろう?
もっとも、世間では和田アキ子を批判してるが。」


お後がよろしいようで…

↓ もしよろしければクリックをお願いします。


comment (0) @ 反日・左翼・偽愛国者