FC2ブログ

安倍首相に「知性がない」苦言の母校名誉教授、朝日新聞AERAの“恩師”扱いに読者らの大疑問

2020/09/10

成蹊大学名誉教授の加藤節氏(AERA dot.)

安倍首相の成蹊大学時代の“恩師”が苦言 「首相としてもう少し知的になってほしかった」

サヨクメディアの朝日や毎日って、安倍批判のためなら何でもしますね。
首相が辞任表明したあとも、朝日新聞出版のAERA dot. (アエラドット)が成蹊大学の加藤節(たかし)という名誉教授を「恩師」として引っ張り出して、安倍政権が失政だったと言わんばかりの話をさせています。

「恩師」と言うからには、若き日の安倍首相がこの教授のゼミで学ぶなどして、個人的に指導を受けたのだなと思いますよね?
ところが、実際は…

法学部政治学科の学生だった安倍首相は在学時に加藤氏の「政治学史」を必修科目として履修しているというが、加藤氏は「『優』や『不可』をつけた記憶がないから目立たない学生だったのだろう」と振り返る。

同大法学部の教員として2013年に退職するまで40年以上教壇に立ったといいますから、授業を受けた学生は相当数いるはずです。

またWikiによれば、「安倍君は必須科目の政治学の授業に一度も出席していなかったので卒業できないと思っていた」とも語っているようですから、この教授と安倍首相が「恩師」と「教え子」と呼ぶような関係からはほど遠かったことがわかります。
この記事を読んだ人たちからも「ゼミの先生ならまだしも、必修科目の先生を恩師と言うか」「ただの必須科目の担当なだけでは言えないだろ」など疑問や批判が噴出しています。

要するに、この教授は自分の権威付けのために安倍首相を「教え子」だと利用しているという話でしょう。
実際は安倍首相から「恩師」と呼ばれるような立場にないにもかかわらず、それを一つの「肩書き」のように使って、しかも、あろうことか朝日などサヨクメディアで、厚かましくも安倍批判をしているのです。

国民の7割が評価する安倍政権を貶したうえに事実と異なる発言も

7年8か月の安倍政権について、この教授は「率直に言って、僕は安倍政権には『負の遺産』しか見つかりません」と貶(けな)し、「人間的には未熟に感じます」と人間性にも踏み込んだ上に「トランプ大統領から古い戦闘機を押し付けられても買ってはいけない」「丸山真男を読んで勉強してもらいたい」などと説教までしています。

しかし、戦闘機についての発言について、ある軍事ブロガー氏は「日本が購入したF-35戦闘機はトランプ氏が大統領に就任する前から購入を計画していたものですし、古い戦闘機ではなく最新鋭の戦闘機であり、今買える中では世界最強の戦闘機です。航空自衛隊が最新鋭ステルス戦闘機の購入を熱烈に望んだ結果というのが事実です」と指摘しています。
防衛省も「F-35AはF-4戦闘機の後継として導入を決定した最新鋭の戦闘機で、高いステルス性能のほかこれまでの戦闘機から格段に進化したシステムを有し我が国の防衛、ひいては地域の安定に多大な貢献をしてくれる期待の戦闘機」と説明しています。

朝日と毎日、首相の母校の一教員を“恩師”として使う姑息さ

恩師というのは、教えを受けた、恩のある先生のことです。またそれは教えを受けた生徒が判断することです。
この意味を分かって見出しに付けていますか?朝日のアエラさん。
この教授が安倍首相の出身大学の一教員にすぎないことを承知で、安倍批判のために都合よく使いましたね?
まったく姑息なメディアです。

これだけは言いたい 安倍首相“恩師”成蹊大名誉教授・加藤節さん・75歳

毎日新聞も3月、安倍首相が新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうと、全国の小中高校に一斉休校を求めたときにこの教授を出してきました。
記事中で、安倍首相の「恩師」は語ります。

一斉休校を求めた対応に、警戒感をあらわにする。「この措置が改憲に向けた『実験』の可能性もある。緊急事態を宣言したら国民はどう動くのかを確かめるためのね」

「3月休校」という政治判断が正しかったかどうかの検証はできませんが、クラスターの発生を抑える一定の効果はあったと理解されています。
ひとたびクラスターが発生すれば、学校に通う子供たちや教師、その子供たちを通わせている家族の命にまで関わってくるからです。にも関わらず、この教授は、「この措置が改憲に向けた実験」などとしか見えていない。
あきれた感覚です。そして、この教授の正体は、朝日や毎日と同じ護憲サヨクということです。

こんな「恩師」を持った安倍首相は、いい迷惑ですよ。

↓「こういうのは『恩師』とは言わない!」と思った方はクリックをお願いします。


人気ブログランキング
スポンサーサイト



comment (0) @ 朝日新聞・AERA

【反日メディア・神奈川新聞】見出し「これ以上ひどい首相いない」は在日コリアンの恨みの言葉だった!

2020/09/02

安倍首相の辞意表明にトランプ大統領は「最大の敬意を表したい。とても残念だ」

新聞の見出しというのは、記事を読まなくてもその内容を一目で伝える役目があります。言ってみれば、記事のエッセンス。記事のなかの一番大切な部分を取り出して強調しているわけですから、見出しがいかに重要かがわかります。
安倍首相の辞意表明を伝える、8月29日の神奈川新聞の見出しに違和感と驚きを覚えましたのでご紹介します。

【安倍首相辞意表明】「これ以上ひどい首相いない」 市民に広がる衝撃、嘆息、苦言

連続在職日数が憲政史上最長となってわずか4日後、安倍晋三首相が持病の悪化を理由に辞意を表明した。新型コロナウイルス感染拡大の渦中に、第1次政権時に続く突然の幕引き。神奈川県民からは驚きやねぎらいの声がある一方、実感のない経済対策や排外主義の横行などに対する苦言が相次いだ。

「持病ならば仕方がない。ただ…」。真鶴町のパート女性(49)は首相の体調を気遣いつつも注文をつける。「『働き方改革』と言うのであれば、まずは首相の負担を分散する仕組みを整えるべきだったのでは」

コロナ禍のさなか。クラスター(感染者集団)が発生した病院の看護師は「対策に追われているこの時期の辞任は驚いた」と話す。

(中略)

県内の朝鮮学校に子どもを通わせている在日コリアン2世の母親(50)は「無償化制度から排除されるなど、朝鮮学校は公的な差別によっていじめ倒された。政権を永らえさせるために子どもたちを攻撃の的としてさらしたことは許せない」と断じる。

拉致問題の解決も北朝鮮との関係改善もなされないまま、無策との批判をかわすために朝鮮学校への差別政策が繰り返されたと感じる。「官製ヘイト」は差別主義者ら「民間」のへイトスピーチも後押しし、「朝鮮人差別が当たり前の優しくない社会になってしまった。これ以上ひどい首相はいないと信じたい。退陣を機に、安倍政権の負の側面を見詰める日本社会であってほしい」と、悔しさとやるせなさを募らせた。

(神奈川新聞 : https://www.kanaloco.jp/article/entry-456824.html

神奈川新聞の見出しのかっこ書きが、朝鮮学校に子どもを通わせている在日コリアンの言葉だとわかり、小ブログはさらに驚きました。安倍首相の辞任の記事なのに、その見出しが在日コリアンの、しかも朝鮮学校無償化除外に対する恨みの言葉だったのです。この記事に登場する病院の看護師も安倍首相の難治性の病気につゆほどの理解も示さずに「この時期の辞任はー」と非難している点も不可解と言えば不可解ですが、それは置いておき・・・。

高校授業料無償化の対象から朝鮮学校が除外されていることに対して、不当な差別で憲法違反だなどの批判がありますが、無償化の支給要件は「適正な学校運営」と定められています。では、朝鮮学校の実体はどうなのか。

東京・大阪の高校無償化訴訟、「除外は適法」と最高裁

大阪朝鮮高級学校(大阪府東大阪市)を運営する大阪市の学校法人が取り消しなどを求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(山崎敏充裁判長)は2019年8月、学園側の上告を退ける決定をしています。

2審の大阪高裁判決(2018年9月)は、朝鮮総連が学校側を指導し、総連幹部に元校長が就くなど人事交流もあり、北朝鮮の金日成、金正日父子を礼賛する記載のある教科書を使用していること、また、総連の財政支援もあり、「教育の自主性をゆがめるような支配を受けている合理的な疑いがある」と指摘。適用除外とした文科相の判断に裁量権の逸脱や乱用はなかったと結論付けています。

東京の同種訴訟も最高裁が「除外は適法」と上告を退け、原告敗訴が確定しています。

朝鮮学校の授業料に日本国民の税金は使えない

北朝鮮は横田めぐみさんらを拉致した「テロ国家」「ならず者国家」です。その影響を受けている学校を授業料無償化の対象から外すことが差別であろうはずもありません。授業料無償化に充てられるのは国民の税金です。テロ国家の影響下にある朝鮮学校の授業料に日本国民の血税を使うことの方がよほど理不尽ですし、日本の国益に反することと言えましょう。

神奈川新聞は朝鮮学校の無償化除外を差別だと主張する在日コリアンの「これ以上ひどい首相はいない」という口を極めた冷罵を見出しに据えることで安倍首相を最低の首相だとこき下ろしたかったのだと理解しました。

神奈川新聞は一体どこの国の新聞ですか?

↓「神奈川新聞の見出しはひどい!」と思った方はクリックをお願いします。


人気ブログランキング
comment (0) @ 反日・左翼メディア

【サヨクメディア・共同通信】安倍首相辞任に紛れて、医療従事者や読者軽視の批判記事

2020/08/30

正式に辞意を表明した安倍首相

ニュースを配信する「通信社」というのは「早い」「正確」「公正」が信条だと思いっていましたが、どうも小ブログの勝手な思い込みだったようです。以下は、8月28日の「共同通信」の記事です。

首相の辞意表明「遅きに失した」 医療従事者ら冷ややか

新型コロナ感染症対策の整備が急がれる中、安倍晋三首相が辞意表明した。「現場の思いを反映した施策はなかった」「もっと早く身を引くべきで遅きに失した」。人手や物資の不足に苦しみつつ、対応してきた医療従事者らからは冷ややかな声が相次いだ。

「しっかり対策を取れる人がやった方がよかった。タイミングが遅すぎる」。よしだ内科クリニック(東京都練馬区)の吉田章院長は手厳しい。

クリニックではマスクや消毒液が足りなかった4~5月も診察を継続。「全世帯向けにアベノマスクを配るのではなく、少しでも支援してほしかった」と振り返る。

(共同通信 : https://this.kiji.is/672020626080498785

1人の意見を医療従事者の総意に仕立て上げる「共同通信」

医療従事者らの「冷ややかな声が相次いだ」というので記事を読んでみたら、取材で拾った声は東京練馬の開業医ただ一人。これでは「ただの開業医1人の意見を医療従事者全員の意見かのように報道しないでほしい」という批判が殺到するのは当然です。

医療関係者という方々からも「勝手に医療従事者を代弁しないでほしい。自分は医師だが、潰瘍性大腸炎という難病を抱えながら、7年間も本当にお疲れさまでしたと言いたい」「医療従事者ですが、安倍さんに不満は感じませんでした。その人の考えだけで、みんなが思ってるという記事はやめてもらいたい」などの書き込みが。

この「医療従事者ら冷ややか」の記事は、加盟する地方新聞などに配信されました。
あなたの住む街の県紙と呼ばれる地方紙、例えば、東奥日報、東京新聞、下野新聞、信濃毎日新聞、岐阜新聞、京都新聞、神戸新聞、中国新聞、山陽新聞、高知新聞、熊本日日新聞、南日本新聞、琉球新報・・・等々にも配信され、WEB版などにそのまま掲載されました。

「(コロナ対策)後からの批判は簡単」「通信社としての矜持は?」

もっと踏み込んだコメントもありました。
私も医療従事者だけど、コロナの対応は大変だったと思う。それこそ現代世界が経験したことのない事態で、前例のない形で医療と経済のすりあわせをしながら運営していくのは大変だったと思う。コロナ初期でやめていたら、対策が取れる人間がいたのだろうか?事後の批判はいくらでもできる。残念だが非常に浅薄な思慮で批判しているようにしか見えない。私は学校の休校や緊急事態宣言、そしてそれを鑑みてのその後の経済寄りの舵取り、試行錯誤をするしかなかった現実をみて、その後に批判するのかと。医療には『後医は名医』という言葉がある。後から正しいことを掲げて批判するのは出来て当然。そのレベルの意見を堂々と載せる通信社とはなんなのか

安倍首相の連続在職日数が最長になった際も、「共同通信」は、やれコロナ対策は迷走だの、やれ政治的遺産(レガシー)がないだのと批判一色の記事を流しました。
通信社は一記者や担当デスクの個人的な思想や感情に沿わせた記事をこしらえて流すのが仕事ではないはずです。

先の「冷ややか」記事に対するコメントの中にも「共同通信は日本の、特に地方紙の質の劣化を招いてきた張本人だと思うが、そもそも記者の感想や感情をもとに、それに迎合したような人だけの発言を拾って、あるいは探し出して書く記者に、全国紙に配信する『通信社』としての矜持はあるのか」と記者個人や通信社の存在価値を問う、厳しい意見が見られたのも、至極当然です。

安倍政権の「寿命」を縮めたのは、共同通信や朝日、毎日、東京などの「サヨクメディア」とサヨク議員、そして、その主張に騙されてしまう人たちです。

↓「共同通信に批判が相次いだのは当然。メディアへの不信感がさらに増した!」という方はクリックをお願いします。


人気ブログランキング
comment (0) @ 共同通信・時事通信

傲岸不遜、朝日新聞は「居直り強盗」「反政府運動の機関紙」と門田隆将氏!

2020/08/18
劣化が止まらない朝日新聞
劣化が止まらない反日売国の朝日新聞

原爆の日の式典が行われた8月6日、式典に参加した安倍首相の会見絡みで朝日新聞がまたやらかしていました。
広島空港から11時50分発の帰京便に首相が乗るため、報道室はあらかじめ内閣記者会と地元メディアに2問ずつ計4つの質問に答えると通告していました。
しかし4問目が終わって朝日記者が5つ目を質問。首相がそれに答えた後、さらに質問を重ねようとしたので、会見の終了が宣言され、首相は退席しました。
ちなみに便は7分遅れで広島空港を離陸し、東京に向かったそうです。

取り決め無視で5問目かい、しょうがない新聞だなー、で終わらせないのが、朝日新聞です。
次のような見出しの記事を掲げて、あろうことか、猛批判をしたのです。

≪官邸職員が腕つかみ、朝日新聞社記者の質問制止 官邸報道室に抗議≫

6日の広島市内での安倍晋三首相の記者会見で、質問を続けていた朝日新聞記者の腕を、首相官邸報道室の男性職員が「だめだよもう。終わり、終わり」と制止しながらつかんだ。朝日新聞社は「質問機会を奪う行為につながりかねず、容認できません」と報道室に抗議し、再発防止を求めた。
(朝日新聞7日付)


官邸報道室「腕つかんでいない」

官邸の報道室によれば、「移動時間が迫っていた中での出来事。速やかな移動を促すべく当室職員が注意喚起を行ったが、腕をつかんではいない」とのこと。

門田隆将氏「朝日、居直り強盗とも言うべき態度」

著書「新聞という病」で知られる作家でジャーナリストの門田隆将氏は、この出来事について「事前の決まり事も守らず、首相が“ルール外”の5問目に答えても、さらに質問を重ねようとした行為への反省などまるでない。まさに居直り強盗とも言うべき態度を示した朝日は、きっと批判するためだけの材料が欲しかったのだろう」と切り捨てています。

事実をねじ曲げてでも安倍叩きの材料にする朝日…門田氏は反政府運動の機関紙と見紛(みまご)う新聞と腐しています。
嘘報といってもいい内容と傲岸不遜な態度、小ネタながら朝日の体質がよく分かる話でしたので取り上げた次第です。

首相になれば会見は「手が挙がらなくなるまで」と、あの方

記者会見に関連して、あの方から興味深い発言がありましたのでご紹介しておきます。
ネタ元は産経新聞なのですが、石破茂元幹事長が共同通信加盟社論説研究会で講演した際、首相に就任した場合の記者会見への臨み方について「(記者の)手が挙がらなくなるまで質問を受けたい。閣僚の時にそのようにしてきた。2時間やったこともある」と語ったそうです。

ishiba20200702.jpg
講演する自民党の石破茂元幹事長

石破氏はさらに「メディアに説明することは国民に説明すること。取捨選択するのは国民を取捨選択することだから、民主主義の在り方として私はとらない」とも述べたそうです。

立派な心がけですねー、石破さんが首相になったら、官邸サイドから質問を切ったりしないそうですよ。
でしたら、朝日や毎日や東京など亡国、売国、反日新聞の記者からウンザリするような質問が続いても、どうぞ記者の手が挙がらなくなるまで答えてやってくださいな。

と、ここまで書いて、キーを打つ手が止まりました。
石破茂の首相就任など悪夢以外の何物でもない。この男の首相会見などあってはならないと。
小ブログにとって、絶対に首相にしたくない男の一人が石破茂なのです。

↓「朝日新聞は新聞として不適格、発行部数が減るのは当たり前!」と思う方はクリックをお願いします。


人気ブログランキング


新聞という病
comment (0) @ 朝日新聞・AERA

朝日新聞AERAの飛ばし記事に『批判噴出』!安倍首相の中東訪問中止と断定した挙げ句「逃げるな!」

2020/01/09
中東3か国を訪問予定の安倍首相
中東3か国を訪問予定の安倍晋三首相

安倍晋三首相のサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーン3カ国への歴訪は、予定通り実施する方向のようですね。政府内では一時、安全確保の懸念などから訪問延期が検討されたようですが、トランプ米大統領が軍事力行使に否定的な考えを表明したことなどを受け、実施の意向を固めたようです。

首相、予定通り中東3カ国歴訪へ
産経新聞2020.1.9 19:31

安倍晋三首相は9日、11-15日の日程で検討してきた中東のサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、オマーンの3カ国への歴訪について、予定通り実施する意向を固めた。複数の政府関係者が明らかにした。


出典:首相、予定通り中東3カ国歴訪へ(産経新聞2020.1.9 19:31配信)


安倍首相 予定どおり中東3か国訪問へ
NHK 2020年1月9日17時12分

イラン情勢をめぐる緊張が続く中、安倍総理大臣は今週末から予定していた中東3か国への歴訪について、アメリカ、イラン双方が事態の悪化を避けたいという姿勢を示していることを踏まえ、予定どおり実施する意向を固めました


出典:安倍首相 予定どおり中東3か国訪問へ(NHK 2020年1月9日17時12分配信)


一方、朝日新聞出版 AERA dot.は8日、安倍晋三首相の中東歴訪を見送る方針を固めたとフェイクを流した上、予定どおり実施される自衛隊の中東派遣と対比させて「自衛隊は派遣させておいて、自分だけ逃げるのか」などと匿名のネットの声を使って、子供じみた安倍批判を展開しました。

安倍首相の中東訪問中止に批判噴出
「逃げるなら自衛隊派遣も見直せ」

朝日新聞出版 AERA dot. 2020/1/8 17:44

政府は8日、イランがイラク国内の米軍駐留基地をミサイル攻撃したことを受け、今月中旬に予定していた安倍晋三首相の中東歴訪を見送る方針を固めた。安倍首相は11日に出発し、サウジアラビア、UAE(アラブ首長国連邦)、オマーンの3カ国を歴訪するとされていた。日程は7日の自民党役員会で安倍首相自ら発表したが、わずか1日で決定が覆ったことになる。

中東歴訪の中止は、米国とイランの間で緊張が高まっていることが影響したのは間違いない。一方、安倍政権は昨年12月27日、中東海域に自衛隊を派遣することを閣議決定している。1月中に河野太郎防衛相が派遣命令を出し、1月中にP3C哨戒機、2月から海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」を派遣する予定だ。

自衛隊の最高指揮官である安倍首相が中東行きを中止したとなると、自衛隊の中東派遣計画も白紙になるかと思いきや、そのつもりはないようだ。菅義偉官房長官は8日の記者会見で「現時点では変更はなく、現地の状況を見極めつつ準備に万全を期していく」との見解を示している。

これに対して、ネット上で批判が噴出している。ツイッターでは、

「いざ危険になると、自分だけは真っ先に逃げるとは…」

「逃げるのだけは相変わらず早いな」

「自分が逃げるなら自衛隊派遣もまず見直せ」

「安全圏にいる権力者たちが若者を死地に送る戦争の本質があらわれている」

など、安倍政権を批判するコメントが相次いでいる。

ジャーナリストの高野孟氏は言う。

「そもそも中東海域への自衛隊派遣は、米国が呼びかけた有志連合への参加を日本が断ることはできないので、『調査・研究』という立場で“やっているフリ”をするものでした。最初から問題があるのに、米国とイランの衝突でリスクが高まったのだから中止するのが当然です。自衛隊員には『ケガをせずに帰ってきてね』というつもりなのでしょうが、不真面目極まりない」

(AERA dot.取材班)


出典:安倍首相の中東訪問中止に批判噴出「逃げるなら自衛隊派遣も見直せ」米イラン衝突で混迷する日本外交(AERA dot. 2020/1/8 17:44配信)


記事中ではネットで批判噴出と書かれていますが、批判が多数寄せられているのは朝日のこの飛ばし記事に対してです。そもそも、この記事はフェイクさえ疑われる《飛ばし》であること、また、安倍首相は「逃げる」どころか歴訪に強い意欲を持っており、仮に中東訪問を中止したとしても、それは中東情勢の変化を見極めての判断であって「逃げる」「逃げない」の次元の話ではないのです。

10日午前、安倍首相が中東3カ国を訪問すると正式発表までされましたが、朝日新聞AERA さん、どう始末をつけるおつもりですか?

↓「不真面目極まりないのは、朝日AERAの方だ!」と思う方はクリックをお願いします。


人気ブログランキング
comment (0) @ 朝日新聞・AERA