40年前の11月15日 横田めぐみさんが北朝鮮の工作員に拉致されました 父・滋さんは85歳

2017/11/15
最近、お見かけしないなと思っていたら、ずいぶんと年を取られましたね。

北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父親・滋さんのことです。
にこやかな笑顔が印象的な方でしたが、久しぶりに写真を拝見して「ああ、年をとられたな」と思いました。
そして、もう本当に時間がなくなってきていることを痛感しました。

40年前の11月15日、当時13歳のめぐみさんが北朝鮮の工作員によって拉致されました。
この事件が明るみに出るまで20年もかかったのは、なぜだったのでしょうか?
新聞やテレビの責任も大きかったと思います。

拉致事件を初めて報じた産経新聞の元社会部記者の安部雅美さんは、めぐみさんをこんなにも長く救出できないでいることについて「責任は日本社会全体にある」と語ったといいます。
所詮は他人事…当事者やその近くにいない限り、人とは無責任なものです。
無関心でいることはたやすいことですが、想像力を最大限に働かせて、当事者やそのご家族の心中に寄り添い、解決への機運をみんなで高めていかなければなりません。

横田滋さん・早紀江さんご夫妻

【拉致40年 めぐみさんを救え(1)】
老いる父…誕生日に「あの日」を重ね


両脇を支えられ、ゆっくり杖をついて現れた。うつろな視線。ひとりで歩くのもままならない。「お久しぶりです」と声をかけると、顔をあげた。柔和な表情を浮かべる。「ああ…、ごぶさたしています」。口ごもりながらも、あいさつを返してくれた。

腰掛けるにも介助が必要だった。髪は真っ白になって久しい。会話中でもしばしば目をつぶり、突っ伏しそうになる。「お父さん、起きてください」。妻の声にうなずく。強い薬の影響もあって、体調が悪い日は時々、意識が混濁する。

みな老いる。病みつく。14日で85歳になった。この1年で体は急に言うことをきかなくなった。字が書けない。言葉が出ない。「こんなふうになるなんてね」。横田めぐみさん(53)=拉致当時(13)=の父、滋さんのとなりに座る母、早紀江さん(81)はそうつぶやいた。

 
■  ■  ■
 

「これからはおしゃれに気をつけてね」。40年前の滋さんの誕生日。中学1年だっためぐみさんは小遣いからこげ茶の携帯用の櫛を買い、滋さんにプレゼントした。家族で囲んだ秋の夜の食卓は温かかった。

めぐみさんは翌朝、「行ってきます」と登校したきり、帰ってこなかった。北朝鮮工作員が無慈悲に連れ去った。耐え難い境遇。滋さんにとって、誕生日を重ねることは、めぐみさんが忽然と姿を消した「あの日」を重ねることだった。

めぐみさんからもらった櫛はジャケットの胸ポケットやセカンドバッグに入れて持ち歩いていた。だが、外出頻度が減った最近は寝室のたんすの引き出しに保管したままになっている。

めぐみさんは「おとうさんっ子」だった。4つ下の双子の弟が生まれ、早紀江さんがかかり切りになったため、めぐみさんは滋さんになついた。滋さんも溺愛した。「いつも抱っこしていた」(早紀江さん)

滋さんは暇さえあれば、めぐみさんや家族の写真を撮った。家族旅行、運動会、雪降る正月に早紀江さんの着物を着ためぐみさん、中学に入学した制服姿のめぐみさん…。数え切れないくらいシャッターを切った。めぐみさんはそこにいる。

(産経ニュース 2017.11.15 05:00)

↓ もしよろしければクリックをお願いします。

スポンサーサイト
comment (0) @ 横田めぐみさん

福沢諭吉先生は正しかった! 独島エビに元慰安婦 「韓国に国際的な常識を期待してはならない」

2017/11/12
トランプ米大統領夫妻歓迎晩餐会のメニュー。マツタケ釜飯、韓国産牛肉のカルビ、「独島エビ」

どこかの精進落としのお膳かと思いましたら、お隣韓国のトランプ米大統領夫妻歓迎晩餐会のメニューでした。
マツタケ釜飯、韓国産牛肉のカルビと言われても、ブログ主はまったく食指が動きませんが、注目すべきはエビです。
日本の領土・竹島(島根県隠岐の島町)の韓国側呼称「独島」をわざわざ名前に冠した「独島エビ」なのだそうです。
この晩餐会には元慰安婦という女性も招かれました。

韓国大統領府での夕食会で握手するトランプ米大統領(中央)と元慰安婦とされる女性

国賓をもてなす際にも政治的アピールを仕掛ける、反日際立つ韓国の浅ましさ。
オリンピックやサーカーの国際試合でも観客や選手が「独島」を平気でアピールするような、ルール無視、秩序も破綻したこの国の恥ずかしい気質は、これから100年経っても変わらないでしょうね。

すでに100年以上も前、この国(あの国もですが)に常識や儀礼を求めたり、日本とともに歩む国に変わるなどという幻想を持つべきではないと見抜いた方がおりました。
慶應義塾の創設者であり、一万円の肖像で知られる、あの福沢諭吉翁です。
韓国の中央日報などは、福沢諭吉を「アジアを見下して侵略を肯定した嫌韓の父であり右翼の元祖」とまで評していることからも、その先見性と思想は日本人の手本となるべきことの証左と言えましょう。

福沢諭吉先生(一万円札の肖像より)

『脱亜論』 福沢諭吉

日本の不幸は中国と朝鮮半島だ。

この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、
もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、
日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。

情報がこれほど早く行き来する時代にあって、
近代文明や国際法について知りながら、
過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。

この近代文明のパワーゲームの時代に、教育といえば儒教を言い、
しかもそれは表面だけの知識であって、
現実面では科学的真理を軽んじる態度ばかりか、道徳的な退廃をももたらしており、
たとえば国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。

もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。
「東アジア共同体」の一員としてその繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。

日本は、大陸や半島との関係を絶ち、先進国と共に進まなければならない。
ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。
この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。
悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。

私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである。

(『脱亜論』明治18年(1885年)3月16日)


↓ もしよろしければクリックをお願いします。

comment (0) @ 福沢諭吉

トランプ米大統領来日 ゴルフ、ピコ太郎を批判する恵俊彰、又市征治、和田アキ子の反日ぶり

2017/11/07
「この忙しい中、なぜゴルフをやる?」
悪質な偏向報道で知られる昼のワイドショー「ひるおび!」で司会の恵俊彰氏が、来日したトランプ大統領と安倍首相のゴルフ外交に対して、いつもながらの批判めいたコメントをしていましたが、この恵俊彰という男のヘラヘラした笑いと独特のいやらしさはいつ見ても不愉快です。
ま、こうした性悪番組にはうってつけな芸人なんでしょうが…。

社民党の又市征治幹事長が安倍首相とトランプ氏のゴルフやイバンカ大統領補佐官への待遇について「お友達作戦ともいうべき異例の厚遇ぶりだ。すりより、へつらいを印象付け、手放しで無批判に対米追従するという姿勢が浮き彫りとなった」と批判しました。
北朝鮮に対しては「制裁や圧力ありきではなく、『対話』に向けた粘り強い外交努力こそ求められている」と言っておきながら、日米の首脳同士の『親密な対話』の場には文句を言うわけですね。

さて、芸能界のご意見番とか言われているらしい、この人も黙っていませんでしたね。
歌手の和田アキ子さんが5日放送の「アッコにおまかせ!」の中で、6日開催のトランプ大統領と安倍首相の食事会に歌手のピコ太郎さんが同席することについて批判しました。

和田アキ子さん

トランプ大統領の孫娘アラベラちゃんが昨年11月、「PPAP」を歌う動画をインスタグラムに投稿するなどして話題になったことからピコ太郎さんが食事会に同席することになったわけですが、和田さんはピコ太郎さんの同席について「もっと外交の問題がたくさんあるのに」などと批判。また「話をしているときに、(ピコ太郎さんは)ずっと黙ってるの? 」と疑問を呈しました。

夕食会に出席した(左から)安倍首相、トランプ大統領、ピコ太郎氏

日米首脳の夕食会に出席したピコ太郎さん(手前右)=東京・元赤坂の迎賓館

和田アキ子さんの批判に対して、ネット上では…

「何様ですか?」

「流石に外交の話の時は席を外すでしょう。
歓迎セレモニーの場だけ呼ばれてるんじゃないの?
少し考えればわかりそうなもんなのに和田はわからないんだろうか。」


「和田が文句をいう問題ではない。」

「トランプ大頭領は和田アキ子は知らないだろうがピコ太郎は知ってると思うよ。」

「国政にしゃしゃり出てくる、お山の大将気取りの女よりはマシ。」

「外交問題があるからこそ、ゴルフやピコ太郎や会食が必要。
歌手にはわからんと思うけど。」


「和田アキ子何を言ってるの?
この人政治を分かってないね!
オンオフがあるからこそ話しも上手く行く!そのオフの時にピコ太郎が登場するに決まってるのに、ピコ太郎も外交の1つ!」


「じぶんが呼ばれなくて、ぽっと出のピコ太郎が同席できるのが気に入らなくてひがんでいると思う。
体は大きくても心は小さい和田アキ子」


「昨日、都内で某国の人たちが反トランプデモをやっていましたでしょ。
この人も、某国の人だから思考は同じなのでしょう。」


「もしかしたらゴルフの同伴に松山選手を希望したのと同じで、トランプ大統領が希望したのかもしれない。
何につけても和田がとやかく言う事ではないよ。
何様のつもりだ。」


「有識者でもない和田アキ子が言うことではないと。
土産話にピコ太郎に会った。と孫に言えば、微笑ましい会話になって、日本のイメージも上がると思うよ。
おもてなしの内。」


「取りまきにご機嫌とられている和田アキ子に
トランプのご機嫌取りを批判する資格はない。」


「いらん世話ですねぇ。
なにか勘違いしてますね。」


「紅白に続いてピコ太郎の批判。
次は誰を批判するんだろう?
もっとも、世間では和田アキ子を批判してるが。」


お後がよろしいようで…

↓ もしよろしければクリックをお願いします。


comment (0) @ 反日・左翼・偽愛国者